Philosophy

素直で素朴な本物の木の家 素直で
素朴な
本物の木の家

“地元の木”でつくる木の家

SIRAKIは地元新潟県の森から木を伐採し、製材所で建築材料に製材、そして地元の
大工と左官で建築します。
伐採(川上)から建築(川下)を一貫して家づくりを考えることで品質を担保し輸送コストなどを抑えてコストパフォーマンスも両立します。
SIRAKIは“地産地消”と同じように自身で建てるお家の材料がどこの木を使って、どこの職人が建ててくれるのかがわかることが大切と考えます。

“ありのまま”に素材を使う

永く愛されることで、本物の価値を育む家づくりを目指します。
古く日本の住宅には「木」「石」「塗り」などの本物の素材が使われてきました。
それらを使用した住宅は年月が経っても「古民家」として親しまれます。
現代の日本の住宅建材は「木目調」「石張風」などの模造の素材で溢れています。SIRAKIはそうした模造の素材に頼らず “ありのまま”に素材を使うことにこだわっています。

“素直”に設計する

SIRAKIの住宅を設計するときは山から考えます。
新潟県で採れる木の大きさを考えて、構造的に無理のないプランニングを行います。設計は構造から空間をデザインし、地元材料を美しく賢く使い、高いデザイン性と
住み心地を両立した住宅を提案する石田伸一建築事務所が設計を行います。木材を素直に使い、敷地に対して素直に設計することでその地域に溶け込む風景を作るように
住宅を設計します。

Works

【SIRAKI】
素直で素朴な本物の木の家。

【Philosophy】
“地元の木”でつくる木の家
SIRAKIは地元新潟県の森から木を伐採し、製材所で建築材料に製材、そして地元の大工と左官で建築します。
伐採(川上)から建築(川下)を一貫して家づくりを考えることで品質を担保し輸送コストなどを抑えてコストパフォーマンスも両立します。
SIRAKIは“地産地消”と同じように自身で建てるお家の材料がどこの木を使って、どこの職人が建ててくれるのかがわかることが大切と考えます。

“ありのまま”に素材を使う
永く愛されることで、本物の価値を育む家づくりを目指します。
古く日本の住宅には「木」「石」「塗り」などの本物の素材が使われてきました。それらを使用した住宅は年月が経っても「古民家」として親しまれます。現代の日本の住宅建材は「木目調」「石張風」などの模造の素材で溢れています。SIRAKIはそうした模造の素材に頼らず “ありのまま”に素材を使うことにこだわっています。

“素直”に設計する
SIRAKIの住宅を設計するときは山から考えます。
新潟県で採れる木の大きさを考えて、構造的に無理のないプランニングを行います。設計は構造から空間をデザインし、地元材料を美しく賢く使い、高いデザイン性と住み心地を両立した住宅を提案する石田伸一建築事務所が設計を行います。木材を素直に使い、敷地に対して素直に設計することでその地域に溶け込む風景を作るように住宅を設計します。

#siraki
#sirakiniigata

Model House

SIRAKI長岡モデルハウス

敷地面積:185.05m² (55.98坪)

建築面積:58.42m² (17.67坪)

延床面積:89.42m² (27.05坪)

断熱等級:Ua値 0.33 (等級6)

気密性能:C値 0.15

SIRAKIはお客様を大切に接客したいという想いから大きな広告などで集客をしておりません。情報発信のメインはInstagramを使用しておりますのでSIRAKIにご興味を持たれましたらInstagramをぜひご覧ください。長岡市にあるSIRAKIモデルハウスも予約制で来場お待ちしておりますのでInstagramのダイレクトメッセージ(DM)からお気軽にメッセージをください。

Essence

これからの住宅性能を備える これからの
住宅性能を備える

断熱等級6(Ua値 0.34)

Ua値(外皮平均熱貫流率)は、住宅の内部から床、外壁、屋根、開口部などを通して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値です。値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いことを示します。SIRAKIは屋内の温度差が少なく、団らんの空間が暖かく居心地がいいこと。結露によるカビ・ダニなどの発生が抑えられること。そして、暖房費の負担が少ないこと断熱性・気密性に優れた構造で、燃費のいい住まいを実現します。

熱交換換気(第一種換気)

気密性・断熱性に優れた住まいでも、換気によって熱が逃げたり、冷気をそのまま取り込んでしまっては意味がありません。SIRAKIでは第一種換気システムを採用し、機械の力で給気と排気を行い、新鮮な空気が常にキープされます。さらに全熱交換換気も併せ、給気の際の冷たい外気と排気の際の暖かい室内の空気を交わせることで外気からの給気温度を上昇させ、暖めた室内の熱はほとんど逃さず空気だけを入れ替えることができます。

許容応力度計算(積雪1.5m 耐震等級2)

許容応力度計算とは、建築物の強さを証明する構造計算の一種です。床に対してどの程度の荷重が作用するか、地震力や風圧、積雪荷重がどの程度かかるか、という外力を設定し、それぞれの力に対する部材の応力(抵抗力)がどの程度あるかの許容値をシミュレーションします。
SIRAKIではすべての設計で計算を実施。部材それぞれの強さを具体的に数値化することで、万が一の震災でも命を守るシェルターとしての住宅を実現します。